3号分割の内容について

婚姻関係中に支払った年金保険料の影響を、離婚後も双方に公平に反映させるために設けられているのが年金分割制度です。この制度は、離婚後に片方の配偶者の納付実績の一部を分割し、もう片方の配偶者の実績とすることを目的としており、国民年金や国民、厚生年金基金以外の厚生年金保険および共済年金が対象となります。
この分割制度は合意分割と3号分割の2種類からなります。3号分割とは平成20年4月1日以降に離婚した人で第3号被保険者に該当する人が対象となる制度です。第3号被保険者とは厚生年金や共済年金に加入している第2号被保険者に扶養されている人のことをいい、満20歳以上から60歳未満の配偶者、いわゆる専業主婦(主夫)の人達がこれに該当します。
婚姻期間中この第3号被保険者であった人は、離婚日の翌日から2年以内に、現住所を所管する日本年金機構に分割請求をすることでこの制度を利用することができます。分割割合は2分の1です。ただしこの制度の趣旨ははあくまでも納付実績の分割です。したがって将来受け取る予定の年金の2分の1がもらえるわけではないことに注意する必要があります。またこの制度のメリットを享受できるのは、婚姻期間中の年金支払額が自分より相手方が多い場合のみであることも考慮しておかなければいけません

コメントは受け付けていません。