合意分割の内容について

以前の日本では、離婚後の年金の分割制度がなかったために、特に熟年離婚をされた女性は経済的に困窮してしまい、これが社会問題にもなりました。
そこで、離婚後の女性の生活の安定を図ることを目的に、平成19年4月からは離婚の際に年金を分割できる制度が導入されました。
これは、お互いの厚生年金部分を2分の1を上限に分割することができる制度です。
ただし、婚姻関係にあった期間のみの算定になりますので、独身時代は分割期間には含まれません。
そして、平成19年4月以降の婚姻関係にあった部分は法定的に2分の1の割合が適用されますが、それ以前の部分についてはお互いの合意によって分割割合が変わります。
つまり、お互いの話し合いで年金分割の割合を決めてください、ということです。
ただし、合意分割はあくまでお互いの合意が得られた場合であり、もしもこの話し合いが決裂した場合においては調停、それでもダメなら裁判で分割割合を決めるということになります。
合意が成立した場合においては、離婚成立後にその分割内容を記した書類を年金事務所に持参すればそのとおり処理してもらえます。
まずはこの制度の内容をよく知り、お互いが納得できる金額で決着できるようによく話し合うことが大切です。

コメントは受け付けていません。