長年連れ添った熟年夫婦の危機

現在の日本では熟年離婚の話題がマスコミなどにもよく取り上げられ、熟年離婚は今現在でも増加し続けています。
そして、熟年離婚の最も危険な夫側の年齢というものがあります。
それは、定年退職を迎える60歳ころから嘱託で働いていた方が退職をする65歳くらいまでの間です。
つまり、定年などで仕事を退職すると、今まで毎日仕事に出かけていた時間も毎日自宅で過ごすようになります。
お子さんが独立されている場合、妻側にしてみると夫と二人きりで過ごさなければならず、それが苦痛でたまらないというのが大きな理由のひとつです。
そしてもう一つの理由はズバリお金です。
熟年離婚を考える女性は、かなり長い時間をかけて離婚について思い悩み、さらには離婚に向けて準備をしてきています。
ですから、離婚に対する知識に関しては夫の何倍も妻の方があると考えたほうがよいでしょう。
そして、夫の退職金が出てから離婚するほうが有利だということもしっかり計算に入れています。
退職金は共有財産ですから財産分与の対象になるので、これを老後資金としてアテにしている部分があるのです。
また、現在では法律が変わり、夫の厚生年金部分を年金分割できるようになり、最大2分の1まで分割されるようになりました。
つまり、夫の厚生年金を妻が半分まではもらう権利を有しているのです。
このようなことが背景で、熟年夫婦による離婚が年々増加していますので、こうならないように普段から相手に愛情を注ぐことが大事なのです。

コメントは受け付けていません。