既に支払われている退職金と財産分与

既に支払われている場合、退職金は妻にも財産として分与される事になります。
支払われる事になる金額の計算は、婚姻期間と勤続年数と配偶者の貢献度の割合から算出されます。

既に支払われるケースで財産分与でポイントとなるのは、退職金の額です。

例えば、離婚する前に金銭が全て使われてしまっている場合、夫婦で使い果たした事と見なされます。
よって使い果たした後に離婚しても、分与となる財産がないと見なされ、受け取る事が難しくなります。

離婚前に金銭が残っている場合、先に説明した要素から総合的に判断され財産は分与されます。

離婚が成立し、財産に関する話し合いが長く続いている場合、注意が必要です。
これは財産を請求する期間は2年までと決まっているためです。
話し合っている間に財産を取得する権利が消失していては意味がありません。
注意しておきましょう。
離婚前に話し合いを行なっている場合、問題ありません。

支払われている場合、離婚前なら分与は可能(財産が残っている場合)、離婚後であれば2年の間に請求しましょう。
このように要点を押さえておけば、離婚と財産の分与をスムーズに進める事ができます。
後は、可能であれば事前に弁護士に相談しておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。