熟年離婚と妻

現在の日本では離婚する夫婦が4組に1組とも言われていますが、その中でも近年増加の一途をたどっているのが熟年離婚というある程度年齢を重ねてからの離婚です。
この場合はほとんどが妻側から離婚の申し出から離婚になるケースが多いです。
離婚の原因は一つではないことが多く、長年連れ添っている経過の中で、様々な不満が募りに募って離婚という形で爆発してしまうのです。
特に多いのが夫が60歳から65歳までの間に離婚を切り出されるケースです。
これは、妻が夫の会社の定年のタイミングを狙って離婚を切り出すことが多いためであり、やはり夫の定年後自宅で夫と二人きりで過ごすことに嫌気がさしている証拠でもあります。
もちろん、女性はかなり計算高い生き物ですから、長い年月をかけて離婚の準備をしていることがほとんどです。
夫が気付かないだけで、どんどん不満をため込みながら離婚後の生活のことや財産分与や慰謝料などの法的な手続きについても調べているのが女性の怖いところです。
そして、男性はこのような部分にとても鈍いので、ほとんどの場合が女性のこのような気持ちの変化に気づきません。
定年を迎えてさぁ第二の人生を謳歌しようと考えているときに離婚を突き付けられるわけですから、夫としては悲惨ですよね。
このようなことにならないように、男性は普段から結婚相手の女性に愛情を注ぐことが大切なのです。

コメントは受け付けていません。